【保存版】子供が野菜嫌いになる理由とおすすめの克服方法

野菜は沢山の栄養が含まれているので、できれば育ち盛りの子供に食べて欲しい食材です。色々な野菜の種類があって、味もそれぞれ異なるのですがそれでも野菜が嫌いという子供は多いですね。何故子供は野菜を嫌うのかにはいくつかの理由が考えられます。お子さんがそれに当てはまっているか、考えてみましょう。

 

まず子供の味覚は大人の味覚とは違うという事が1つあります。子供の頃は苦手だったものも、大人になったら食べれるようになったという人も多いのではないでしょうか?野菜には独特の酸味や苦味、渋みといった味がありますが、味に慣れていない子供の舌はそういった腐敗に似た味わいを本能的に避けてしまうという理由があります。こういったケースの場合は歳を重ねる事で解決する事がほとんどでしょう。またその他にも野菜は食べなければいけないといった親からのプレッシャーがトラウマとなる、食べた時のその時の野菜の味が美味しくなくて、どんな料理でも食べられない食わず嫌いもあります。

 

野菜は色々な種類があるため色や見た目もそれぞれ違いますし、歯ざわりなど独特の歯ごたえを楽しんだりするものもありますね。しかし子供からすれば色が美味しそうではない、固い、または青臭いにおいが苦手だったりと味以外の外見や匂いで野菜の個性を嫌がる子供もいます。それでは野菜嫌いを野菜好きにさせるには一体どういう対処法があるのでしょうか?最初に気をつけておかなければならない事は、決して無理をしないという事です。焦りから無理やり食べさそうとする事がありますが、子供にとって、楽しい食事の時間を嫌な時間に変えてしまうのでそれでは意味がありません。

 

まず見た目が嫌だという先入観のある子供にはカレーやハンバーグなど、野菜の形が分からなくなる調理法が有効です。形が分からなくなるまですりおろしたりする事は直接的に克服したとは言えませんが、健康面では食べてくれるので親としては少し安心できますね。またチーズや乳製品で苦味のある野菜をまろやかにしたり、人参やカボチャなど甘みのある野菜を食べさせてみる、またドレッシングの力を借りるという方法もあります。玉ねぎの皮むきを一緒に行ったりすると、匂いは臭いけど食べると美味しい事に子供自身が気づけたりする事もあります。

 

好きな野菜があればそちらをどんどん食べさせたり、嫌いなものを食べられればうんと褒めるというのも良いやり方です。ただ賢いね、ではなく栄養があるから食べれて良かったね、という声掛けをしたいですね。